クリック数最大化の指標と、CV最大化の指標


面白い質問があったのでまとめました。
下記2つの機能は併用するとどうなるのか??

①『クリックを重視-予算内でクリック数最大となるよう入札単価を自動調整する』

②『拡張CPCを有効にする』

 
Q.こちら、クリック数最大化の指標と、CV最大化の指標の2点はどちらが優先されるのでしょうか。
A.クリック数・コンバージョン共に考慮に入れる設定

 

■詳細

拡張 CPC は、手動で設定した入札単価であれ、自動で設定された入札単価であれ、あらかじめ設定された上限クリック単価を基に調整を行う機能です

  1. まずはクリック数が最大となるよう、入札単価が自動で調整される
  2. 実際に広告が掲載される際には、自動で設定された入札単価を基準としてコンバージョンに至る可能性を加味して入札単価の引き下げ・引き上げが行われる

という仕組みとなります。

 

STEP1

『クリックを重視-予算内でクリック数最大となるよう入札単価を自動調整する』

→クリック数が最大となると自動的に判断された単価が管理画面へ表示されます→ ○○ 円

STEP2

『拡張CPCを有効にする』 掲載時の個々の状況(コンバージョンに至りやすいかどうか)に応じて

○○ 円×0%~130%』の範囲で変動するというイメージです。
繁忙期などの設定に、良いかもしれませんね。

 

 

 

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close