時間帯配信の成功事例


成功事例を紹介していきます。

こんな悩みありません?

獲得が毎月安定しません??CPC高いです。リスティングは安定しないものでしょうか?

1日広告が掲載されていないため安定しません。時間帯のレポート作成で分析してください。

 

効率よく時間帯レポートが配信されている場合

time01

問題点のある場合のレポート

time02

リスティング広告は、管理画面の特性上、必ず一日予算の設定を行います。一日の予算を使うと配信が抑制・停止されます。

時間帯配レポートデータをもとに対策

①広告掲載の時間帯配信

→獲得効率の悪い時間対の停止時間帯によって対策を行う

②CPCを下げ、掲載時間の延長

→掲載順位を下げて掲載時間を延ばす。クリック数も多くなりやすい

③効率の悪いキーワードの停止。注力ワードの強化

→効率の良いキーワードにコスト注力

■対策前

time03

 

■対策後

time04

獲得効率200%改善 獲得件数150%増加

 

■時間帯入札強弱

獲得取れる時間決まっている場合。その時間だけ入札を強化することができます。

※時間帯配信の機能の基本モードのオン/オフだけではなく、入札単価をパーセンテージで微調整することもできます。

単価調整比は、デフォルトで設定されている入札単価に対して

-90%~+900%まで範囲で指定することが可能です。

 

time05

■設定方法

  1. 時間帯の獲得状況分析
  2. 仮説を立てる
  3. 時間帯の配信の実装

上位表示している期間以外の獲得損害になる可能性ありますし商材やサービスに合う、合わないなどありますのでリスクを把握して実施してください


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close