Google AdWordsにもインスタントプレビュー搭載


すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、自然検索のみに提供されていたインスタントプレビューがGoogle Adwordsにもインスタントプレビュー機能が搭載されましたね。

下記の画像の赤枠で囲んだ虫眼鏡をクリックするとそのサイトのプレビューを確認できます。

Google Adwordsの課金タイミングですが、プレビューをクリックしてサイトにアクセスした時点で課金されるようですね。虫眼鏡をクリックしただけでは課金はされません。

インスタントプレビュー機能とは直訳するとそのまま即席の下見機能ということになりますが、各サイトに訪問しなくてもサイトのプレビューを見れる機能のことを言います。

さすがに文字まで読むことは難しいですが、訪問する前にどんなサイトなのかが大体分かるので、一般の検索ユーザーにとって便利な機能なのではないでしょうか?

さて、そのインスタントプレビューの機能がGoogle Adwordsにも搭載されましたが、広告主の皆様にとってはリスティング広告に影響があるのかどうかが気になるところではないでしょうか?

実際のところCTR(クリック率)が上昇するか下降するかはプレビューの見え方次第だと思いますが、今現在Adwordsのレポートで計測をする術はないので、CTR(クリック率)の良し悪しはプレビュー機能が起因しているかは判断しづらいところです。

そうはいってもこういった新機能は一般の方々が全員使いこなせるかというと、それはNoなので、影響度は低いのでは?と考えております。

CTR(クリック率)が急上昇・急下降したとしても安直にインスタントプレビューを疑うのではなくまずは他に原因が無いかを探ってみましょう。


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close