コンテンツネットワーク ユーザー属性による除外設定


前回Googleアドワーズにフリークエンシー キャップについて説明しましたが、

今回はディスプレイ ネットワークのみでしか対策できませんが

?ユーザー属性による除外設定を紹介します。

Google に属性情報を提供しているサイトでは、除外したグループのユーザーに広告が表示されなくなります。

属性情報を提供しているサイトとはこちらです。

余談ですが、ユーザー層別入札も出来たのですが2012年3月21日廃止されました。

属性の除外設定は継続しています。ターゲットユーザーが「決まっていれば設定してください。

とくにコンテンツにおいては、『youtube.com』に配信が出ます。無駄クリック防止のためにも設定したほうがお勧めですね

個人的にはフリークエンシー キャップと属性除外を同時に活用しています。

 

コンテンツの運用で大事なのは配信時間ですのでそちらも次回記入します。

 

■設定方法は下記でご確認ください。

 

■除外したい属性をチェック入れることで「除外設定できます。

 

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close