Google広告設定オプションの説明


あまり使っていない方が多いのでまとめました。

複数のサービス行っている会社は『社名ワード』で広告サイトリンクを行ってください。

広告設定オプションは、キャンペーン レベルで作成で設定できます。
メリットはクリック単価で実施できることとファーストページビューが若干下がるので他広告をクリックすることが減る可能性があります。
※サイトリンク設定オプション(複数不可)は、キャンペーンごとに 1 つのみアクティブに設定できます。

設定方法は

■キャンペーン設定後→タブ『広告設定オプションの選択』

■表示のカテゴリをプルダウンで選択→新しい広告設定オプション

※表示カテゴリーは下記の通りです。

  • 住所指定オプション
  • 電話番号指定オプション
  • ソーシャル設定オプション
  • 商品情報表示オプション
  • 販売者評価:
  • 広告サイトリンク

その後広告を入稿します。

 

表示のカテゴリについての説明

を簡単に紹介します。

?住所指定オプション

近隣の最寄の店舗の場所を特定したり、電話番号を表示かけることができます。

住所指定オプション

?電話番号指定オプション

電話番号を表示かけることができます。(スマフォ・モバイル向きの設定です。※営業時間でコールセンターの兼ね合いから時間帯配信をお忘れなく)

電話番号指定オプション

?ソーシャル設定オプション

広告主様の Google+ ページについてのユーザーのおすすめ情報を AdWords キャンペーンにリンクする(正直使わないでしょう)

広告サイトリンク

?商品情報表示オプション

ECサイト向けの設定です。商品詳細を紹介できます。(Google Merchant Centerの登録が必要です。Google Merchant Centerについては今度ブログで紹介します。)

商品情報表示オプション

?販売者評価

広告主の星による評価を広告内に表示できます。

広告フォーマットのプレビュー

?広告サイトリンク

複数のリンク先を設定できます。複数サービス行っている会社向けです。

検索広告の例

 

※広告のイメージはGoogleから引用させていただきました。リンク先はこちら

 

細かい設定が必要ですが地域のよって店舗ある場合で地域配信していれば店舗ページリンクをつけてください。

広告はどんどん細かくなっていきますね。

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close