コンテンツネットワークにフリークエンシー キャップ


Googleアドワーズにフリークエンシー キャップが設定できます。

フリークエンシーとは

・・・ディスプレイ ネットワークで同一のユーザーに対して広告が表示される回数を制限する機能です。

GOOGLEでは、ディスプレイ ネットワークに掲載する表示回数の上限を、1 日、1 週間、または 1 か月単位で設定ができます。

 

設定方法は下記のようにやってください。

設定→広告掲載: 広告のローテーション、フリークエンシー キャップ→フリークエンシーの入力

となります。

 

問題になるのが何回の設定がいいのかという所です。

少し知らべました。

20アカウントの情報を月別でまとめてある変数で掛け合わせています。

イメージ広告におけるフリークエンシーレポート

まとめイメージ広告は配信先で目立つためにフリークエンシが少ないときに効果を発揮します。

8回以上はあまり効果的でないことがわかります。

テキストにおけるフリークエンシーレポート

まとめ、テキストのコンテンツにおいてはあまり目立つ位置に掲載できないためあまりリーチがしていないのでしょうか、8回以上のほうが効果が出ています。

 

フリークエンシー キャップの設定方法結果

キャンペーンをテキストとイメージをわけて別々の手法で実施するべきと思います。

月4回までで十分ですが心配な方のため月5回で十分でしょう。

テキストに関しては、月8回以上設定してください。

 

 

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close