最近話題の「オムニチャネル」の紹介


「オムニチャネル」ってなに?

「オムニ(OMNI)」とは、一般的には「すべて」という意味ですべてのチャネルでの販売のことです。
つまり「店舗」「ネット通販」「カタログ通販」「携帯・スマートフォン」などのチャネルを横断的に結び、商品、顧客(購買管理)、販促管理を行うもの

オムニチャネルと「マルチチャンネル」「クロスチャネル」との違い

  • マルチチャンネル:顧客との接点の増加させること
  • クロスチャネル:複数デバイス・複数チャネルをまたぐこと
  • オムニチャネル:すべてのチャネルを横断的

すべてのチャネルになるので幅が広すぎるので下記で少し細分化して紹介します。

オムニチャネルビジネスのカテゴリは大きく分けて3つ

  1. 店舗集客
  2. 店舗誘導や店舗内の解析
  3. 最適化・コンサルティング

大きく分けると現在は3つとなっており。まだまだ、それぞれにビジネスチャンスがある。

①店舗集客

オフライン

  • チラシ
  • 新聞
  • TVなど

オンライン

  • クーポンサイト(ポータルサイト)掲載
  • 自社サイトに在庫追加
  • 自社アプリに在庫追加

など

今まではオフラインでの集客が多かったが、”スマートフォンの普及によって、時・場所に対してクーポンなど店舗誘導を促進すること且つ費用対効果の分析もできる用になる。
今後はオフラインの広告費用は減りオンラインの広告が増えることが予想できます。

②店舗誘導や店舗内の解析

顧客の分類

・新規・既存
・性別・年齢
・購入単価(POSデータ)

店舗解析

・店舗動線
・店舗ヒートマップ
・期間比較
・曜日・時間ごと分析

店員解析

・店員の数の最適化
・接客営業成績の見える化

集客解析

・デバイス
・チャネル

WEBサイトと同じく店舗のデータを見える化がメインとなりそうです。解析の手法は「ビデオ」「Wifi」「POS」「I beacon」などが存在していますが、
「Wifi」「I beacon」は端末設定でWifiとBluetoothをオンにしていなければいけないなど端末設定に依存する形式ではなく「ビデオ」×「POS」などの解析が今後進みやすそうです。

③最適化・コンサルティング

  • レイアウト変更
  • 在庫データの解析
  • 店員の教育

変更前のシミュレーションなどを予測・自動化が第一ニーズ。実際の変更にはスタッフの作業工数の見積もりが必要になりそうです。

 

 

個人的な見解ですが、全体総括すると”解析”が市場が最初に先行して、効果次第で広告出稿が増えそう。
“集客”は効果の良いチャネルを先に見つけることができればチャンス。ない場合はつ作るチャンスもあるでしょう。
“解析”は初期ランディングのコストは一旦最小限でスタート。現在であれば在庫発注のシステムと連携できれば最終ゴールとなりそうですね。
“コンサルティング”はコンサルティングサービス企業VS実績データとなります。

最後に、店舗はショールーム化して、webで購入が一番効率がいい気がします。店舗をで大きく活用できるし、ショールームで商品数多く揃えれる。
配送は下がるコスト分考えてすべて無料にできれば面白い。

オムニチャネルと言いますが結論は在庫をどうなくすのが効率的か?って目線で考えれば良い話です。

ともあれ今後ビジネスチャンスの多いオムニチャネルというKWを聞く機会が増えそうです。


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close