Google ショッピングの商品フィード仕様の更新


変更日9月30日

主な変更点は以下となります。

  1. モバイル向けリンク先ページのリンクは別途登録して、モバイルユーザーがページを適切に閲覧できるようにする必要があります。
  2. 販売者が独自に定める一括販売商品(カメラ ケースとレンズ付きのカメラなど)は、一括販売商品として正しく登録して、Google ショッピングに適切に表示されるようにする必要があります。
  3. ファッション属性が新たに追加され、ファッション関連商品のより詳細な説明を登録できるようになりました。
  4. 商品アイテムの在庫状況の値が簡素化され、各在庫状況の違いがより明確になりました。
  5. 文字数制限を必須要件として属性ごとに設定しました。これにより、適切な商品情報が表示されるようになります。

詳しくはこちらご確認ください。
https://support.google.com/merchants/answer/3097504

 

今まで手動で実施していた内容がどんどん、自動化されていきますね。
人件費削減しないと代理店は厳しくなりそうですね。個人的には今、インハウス化を進めています。
自社製品のことを知っているのは自社の人なので多少リスティングの知識無くても、効果はあまり変わりません。

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close