AdWords Script活用事例


AdWords Scriptの活用事例を少々紹介します。

 

①気象情報に連動した入札比率の変更

都道府県単位の「晴 曇 雨」気象情報と連動しBid価格を入札単価調整比で調整

AdWords Script01

■注意事項

  1. キャンペーン単位で地域配信していない場合はすべての地域のBIdを変更できます。
  2. Adwordsのスクリプトは最短1時間に1回取得します。

※状況により数値の変更が反映されない可能性があります。

 

予想できる結果

気象状況に応じて効果が変わるお客様では、クリック数が増加するため、特定の効果が出ると思います。

後は天気予報APIの精度次第ですね。いつも思いますが、天気予報は信用できないですので。。。。。

 

 

②在庫連動の広告の作成・オンオフ

今までは下記のように普通の商品に連動していないインサーションだけする原稿が多かったと思います。

AdWords Script02

AdWords Scriptできること

  1. 商品DBの情報から最新刊“数字“へ変更
  2. 在庫がない場合は広告掲載オフ

AdWords Script03
■メリット

  1. 品質スコアに影響なし。
  2. 1時間に一回商品DBと連携できます。タイムラグが少ない。

■デメリット

  1. プレビューツールがないため掲載確認が手動。
  2. 広告が動的に変わるため、実際の広告検証がしにくい傾向

■必須作業

  1. 商品の価格DBの更新。
  2. アドワーズスクリプトの記入
  3. 単価変更商品カテゴリの決定。※

※スクリプト一回の実行時間が存在します。全商品ではおそらく不可です。

予想できる結果

かなりのCTRが向上します。≒品質スコア向上。リスティング広告のCPAト最適化。在庫連動するので無駄コストの削減。

 

AdWords Scriptは日本市場ではYahooさんがあるので流行らないとなっていますが、

API経由であれば同じようなことはできます。Yさんの通信次第ですが。。。。

今後ますます、PPCは自動化されていきます。AdWords Scriptなど早めに設定していくことで他社と差別化できます。

現在はRLSA×AdWords Scriptの調査しています。何処まで見たで原稿・リンク先が変わります。

AdWords Scriptに関しては個人的に設定サービス行っていたりします。

興味ある方はこちらまでご連絡ください


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close