Facebookリマーケティング


Facebookリマーケティングが徐々に始まってきています。効果はこれからだと思いますので、通常のリマーケの設定を同じ様な構造が好ましいでしょう。

タグマネなどの活用で細かく設定できます。

 

以前紹介しているタグ活用方法まとめ

 

■リマーケティング機能で実現できること

1.クロスデバイスでのターゲティング
cookieベースではなくfacebook IDベースで配信です。
FacebookIDベースでリマーケティングするため、クロスデバイスへリーチが可能です。

2.柔軟に配信面へ広告を挿入
モバイルニュースフィード・デスクトップニュースフィード・右側広告枠
などへ配信が可能です。

3.従来のカスタムオーディエンス機能と併用
新規ユーザーオンリーに配信×従来のカスタムオーディエンスなど多様なターゲティングが可能となりました。

 

■管理画面のイメージ

URLに関しては英字ですが等しい・等しくないが追加されました。

  • 次を含む
  • 次を含まない
  • is equal to
  • is not equal to

fb1

※全ページ含まない従来のカスタムオーディエンスで新規にのみカスタムオーディエンスができます。

NOT設定できるので、細かく設定する必要ありますね。

 

■その他細かい情報

有効期間の最大日数は?
→180日間

タグの最大発行件数?
→200件

Yahoo。Google・フェイスブックの設定を行わなければいけないので、同じ構造にすることが一旦好ましいと思います。

個人的には、リマ―ケよりも、ド新規に対しての訴求が可能になったことは本当に好ましいことです。

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close