インターネット広告は32%増加:Nielsen


NielsenグローバルAdViewレポート
インターネット広告は前年の同期間に比べて、32%増加している。
テレビ広告は、インターネット広告の急速な成長にもかかわらず
4%増でまだ伸びている。すべての広告費の57パーセントでシェアが一番多い。

 

他媒体の状況は
ラジオ(1パーセント)、新聞(2%)、雑誌(1%)と映画広告(1パーセント)
と全体的に低下傾向となっている。。

 

インターネット広告のシェアを伸ばすためにはオンライン動画の伸び率にかかっているコンテンツ制作と配信ユーザーの増加課題だと思いますので徐々に解決していくと思います。

tvの解析データは精度悪いので今はチャンスがある。

 

http://nielsen.com/us/en/newswire/2014/tv-remains-the-reigning-champ-but-display-internet-ads-are-the-mvps-of-3q.html

 

 

広告費の動向はアジア太平洋地域で成長し、少しニールセンによると、北米で減少した。
2013年の最初の3四半期の終わりまでに、世界的な宣伝費は3%増、同期間前年比、2435億ドルに達した。
アジア太平洋地域の広告市場は勢いを増し続けており広告市場に牽引し始めていますね。

http://www.nielsen.com/us/en/reports/2014/global-adview-pulse-lite-q3-2013.html

 


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close