SSL版Google検索による影響


SSL版Google検索による影響についてご紹介します。

 

SSLになるとどうなるか!それは

 

『リファラ取れない』

?解析ツールに影響が出ます。オーガニック分析ができない

?キーワード連動でLPを変更している場合の対応ができなくなる。

 

下記で具体的に説明します

?アクセス解析ツールで検索キーワードの取得ができなくなります。

https ⇒ http ⇒ 目的のページ
「(not provided)」としてGoogleアナリティクスでレポートされる

そのため流入キーワードを取得できなくなるで効果測定ができなくなります。非常に厄介な問題です。

■今後の対策ですが

Googleウェブマスターツールの「検索クエリ」レポートは表示することが可能です。

※WEBマスターツールのイメージ

Googleアナリティクスに検索クエリレポートを組み込めることができますが、

キーワードごとのコンバージョン率を調べるといったようなことはやはり不可能です。

 

 

?LPOツールなどでクリエイティブの変更が不可能になります。

 

 

今まではオーガニックのお話です。

リスティング広告では、配信設定方法を変更することで配信することができます。

参考までにご紹介します。

 

 

■別件ですが?「referrer metaタグ」についてもご紹介します。

「referrer metaタグ」入れてもドメイン情報しか取得できませんので、設定できません。

現状では、あまり効果ないと思います。

 

また変更すると思いますのでその際に変更を紹介します。

 

個人的にはアナリティクスのみでしか計測できなくなればGoogleの商品の価値がまた上がると思うのですが


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close