TrueView 動画広告オススメ初期設定


TrueView 動画広告の始める時に何をするのがテッパンなのかまとめました。

以下4つについて説明しておきます。

  1. Adwrodsと連携
  2. Call-to-Action オーバーレイ
  3. 動画再生ページ説明文にリンク
  4. チャンネルアイコン

①Adwrodsと連携

・再生回数と Call-to-action

動画再生数の統計にアクセスし、Call-to-action オーバーレイを追加します。

・リマーケティング

チャンネルを訪問して交流を図るユーザーに広告を表示します。

・エンゲージメント

訪問者が広告を見ると、チャンネルでの訪問者の行動を追跡して動画広告の効果を分析します。

 

■設定方法

  1.  YouTube にログインした状態で、右上<動画の管理 >を指定
  2.  左メニュー<チャンネル設定>→ <詳細設定>動画広告向け AdWords アカウントをリンクする
  3. 下のボックスにお客様 ID を貼り付けます。AdWords アカウントに名前を割り当てる

tureview01

 

②Call-to-Action オーバーレイ

tureview02

  • クリック誘導無料
  • すべて動画再生ページで表示

■設定方法

  1. YouTube にログインした状態で、右上<動画の管理 >を指定
  2. アップロード済みの動画から、プロモート動画として指定した動画に対して、<編集>を押します。
  3. <Call-to-Action オーバーレイ のクリック見出し・説明行 1・説明行 2・画像 74 x 74 ピクセル・表示 URL・リンク先 URLを入れ込む
  4. <変更を保存>をクリック

tureview03

なお、Call-to-action オーバーレイは、プロモートされた動画に対して無料で与えられるオプションですので、クリックされても料金は発生しません。

また、プロモート動画広告経由で再生される場合だけでなく、どのような経路で動画が再生された場合でも、オーバーレイが表示されます。

※インディスプレイ・インサーチ実施の場合は必須

 

③動画再生ページ説明文にリンク

■設定方法

  1. YouTube にログインした状態で、右上<動画の管理 >を指定
  2. アップロード済みの動画から、プロモート動画として指定した動画に対して、<編集>を押します。
  3. <基本情報> のクリック説明文のTOPにリンク先を挿入
  4. <変更を保存>をクリック

tureview04
※パラメータは広告用のパラメータつけるとよい

④チャンネルアイコン

視聴後に他動画の視聴が可能
tureview05

■設定方法

  1. YouTube にログインした状態で、<マイ動画>を指定
  2. 左メニュー<チャンネル設定>→ < InVideo チャンネル・動画紹介ツール > → <透かしを追加>
  3. 画像の挿入後に<表示タイミング>設定/最初・最後・動画全体を選択する

tureview06

※画像のリンク先はチャンネルTOP

取り急ぎテッパンです。

個人的にはチャンネルアイコンは実施しません。リンクしたほうが効率がいいですので。

良い配信は良い設定が大事です。ちゃんと設定しましょう!

■ 設定までに必要な項目出してみました。下記からDLしてみてください。

True viewヒアリングシート

 

TrueViewではクリックスルーコンバージョン見れないのでアナリティクスのパラメータ必須です。

リマーケティングリストユーザーへのTrueView配信は、視聴後を他のリマーケティングと重複しやすい傾向

重複をどう見るかこの辺はセンスが必要かもしれませんね。

 

今後は動画も積極的に記載してきます。Y動画も楽しみです。


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close