マス広告(旧来の広告)の方がオンライン広告よりも信頼


オンライン広告では日本より数年先を進んでいると言われているアメリカを含む北アメリカの調査
ニールセンの調査によるとマス広告(旧来の広告)の方がオンライン広告よりも信頼できるという結果となっています。

■調査対象

アメリカを含む北アメリカ

■調査結果

最も信頼できる広告は「新聞」で63%。
次に「雑誌」(62%)、「テレビ」(61%)、「ラジオ」(58%)、「看板」(55%)とマス広告が続き、
「検索広告」(44%)、「オンラインビデオ」(44%)、「ソーシャル」(39%)、「モバイルディスプレイ広告」(35%)、「オンラインバナー」(33%)となっております。

■個人的な意見

昔日本でも同様の結果のニュースみた気がします。

ネットは誰でも書き込めることが、信頼がないのですかね、ネット動画も増えている昨今このデータは変わっていくかもしれませんね。

■データソース

http://mashable.com/2014/01/13/traditional-ads-online/?utm_campaign=Mash-Prod-RSS-Feedburner-All-Partial


Read previous post:
SMX
SMX(searchmarketingexpo)2015 in San Jose.

先日行われたSMXイベントの紹介です。 ...

Close